vmware上のubuntu 17.04 にdockerのredmineをいれる

やりたいこと

vm上のubuntu 17.04 にredmineをいれて、試してみる。

vmwareへのubuntu 17.04のインストール

ダウンロード時間節約のためNetwork installerをダウンロードします。

https://www.ubuntu.com/download/alternative-downloads
OSのインストール手順は省略します。
インストール中にパッケージを選択がありますが、sshをonにしておきます。

sshから接続するためにipアドレスの確認

デフォルトでは、ifconfigが含まれなくなりました。ipで確認します。

ip address

Ubuntu 17.04 その132 – ifconfigからipコマンドへ移行しよう・ipコマンドはifconfigを置き換える

vmware toolsをいれる

ESXi等にはいってるVMware Toolsではなく、各Linuxディストリビューションからリリースされているopen-vm-toolsの利用が推奨されてるし、楽なので、こっちをいれる。

sudo apt-get install open-vm-tools

Dockerをいれる

古いバージョンのDockerをアンインストールする

sudo apt-get remove docker docker-engine docker.io

HTTPS経由でaptするために必要なパッケージをいれる

sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    software-properties-common

Dockerの公式GPG keyを追加する

curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

proxy経由であれば、export https_proxy=https://your.proxy.server:port/ を先にしておく。

Dockerのrepositoryを追加する

sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

apt packageのindexをアップデートする

sudo apt-get update

Docker Community Editionをインストールする

sudo apt-get install docker-ce

Docker Compose をインストールする

pipをインストールする

sudo apt-get install python-pip

pipを使ってDocker Composeをインストールする

pip install docker-compose

proxy経由なら以下

sudo pip --proxy=http://your.proxy.address:8080 install docker-compose

bitnami-docker-redmineでredmineをインストールする

https://github.com/bitnami/bitnami-docker-redmine

docker-composeのディレクトリを作成する

cd ~/
mkdir -p docker/bitnami-docker-redmine
cd docker/bitnami-docker-redmine

docker-composeをgithubよりダウンロードする

curl -sSL https://raw.githubusercontent.com/bitnami/bitnami-docker-redmine/master/docker-compose.yml > docker-compose.yml

docker-compose.ymlを環境にあわせて修正する。

version: '2'
services:
  mariadb:
    image: 'bitnami/mariadb:latest'
    environment:
      - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes
      - MARIADB_PASSWORD=passwd
      - MARIADB_ROOT_PASSWORD=passwd
      - HTTP_PROXY=http://proxy.yourhost.com:port
      - HTTPS_PROXY=http://proxy.yourhost.com:port
    volumes:
      - 'mariadb_data:/bitnami'
    restart: unless-stopped
  redmine:
    image: 'bitnami/redmine:latest'
    environment:
      - REDMINE_DB_PASSWORD=passwd
      - REDMINE_USERNAME=admin
      - REDMINE_PASSWORD=passwd
      - REDMINE_LANG=ja
      - HTTP_PROXY=http://proxy.yourhost.com:port
      - HTTPS_PROXY=http://proxy.yourhost.com:port
    labels:
      kompose.service.type: nodeport
    ports:
      - '8001:3000'
    volumes:
      - 'redmine_data:/bitnami'
    depends_on:
      - mariadb
    restart: unless-stopped
volumes:
  mariadb_data:
    driver: local
  redmine_data:
    driver: local

redmineを起動する

docker-compose up -d

動作確認する

http://localhost:8001 にアクセス。

投稿者: Shintaro Okumura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です