CentOS7にjenkinsをインストールする。

やりたいこと

CentOS7にjenkinsをインストールして、自動ビルドや自動テストをいろいろ試したい。

インストール

Docker

CentOSのリポジトリにあるバージョンが1.12.6と新しめだったんで、そのままいれる。

sudo yum install docker

Dockerの起動、サービスの設定をおこなう。

sudo systemctl start docker
sudo systemctl enable docker

Docker-compose

とりあえず、pipをいれる

sudo yum install epel-release
sudo yum install -y python-pip

pipでdocker-composeをいれる

sudo pip install docker-compose

docker-composeのバージョンを確認する

docker-compose --version
補足

pipでproxyを通す場合は、以下。

pip --proxy http://USERNAME:PASSWORD@your.proxy.domain:8080 install docker-compose
参考

https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-use-docker-compose-on-centos-7

jenkins

楽なので、bitnamiのdocker版をいれる
https://github.com/bitnami/bitnami-docker-jenkins

mkdir で適当な場所にフォルダ作る

mkdir -p /root/docker/bitnami-docker-jenkins
cd /root/docker/bitnami-docker-jenkins

docker-compose.xmlをダウンロードする

curl -LO https://raw.githubusercontent.com/bitnami/bitnami-docker-jenkins/master/docker-compose.yml

docker-compose.xmlの設定を変更する。(portとか必要によって)

nano docker-compose.yml

ユーザパスワードの設定と再起動の設定はいれてもいいかもしれない

version: '2'

services:
  jenkins:
    image: bitnami/jenkins:latest
    ports:
      - '80:8080'
      - '443:8443'
    environment:
      - JENKINS_USERNAME=my_username
      - JENKINS_PASSWORD=my_password
    volumes:
      - jenkins_data:/bitnami/jenkins
    restart: unless-stopped
volumes:
  jenkins_data:
    driver: local

Dockerを起動する。

sudo docker-compose up -d
補足

dockerのproxy設定は、以下。

DockerをProxy環境で使う CentOS7


最後に設定が反映されたことを確認しておく。

systemctl show --property=Environment docker

jenkinsの動作確認

http://localhost にアクセスする。

投稿者: Shintaro Okumura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です