centos7でproxyを設定する。 yum wget docker curl git npm

やりたいこと

proxy経由でいろいろやりたいが、いちいち設定が面倒なのでメモっておく。

設定方法

全般

設定ファイルを作る

sudo nano /etc/profile.d/proxy.sh

以下の内容を書く。

HOST="proxy.example.com"
PORT="port"
PROXY="$HOST:$PORT/"
export http_proxy="http://$PROXY"
export https_proxy="https://$PROXY"
export ftp_proxy="ftp://$PROXY"
export HTTP_PROXY="http://$PROXY"
export HTTPS_PROXY="https://$PROXY"
export FTP_PROXY="ftp://$PROXY"
export no_proxy="127.0.0.1,localhost"
export NO_PROXY="$no_proxy"

yum

yum.confを編集する

sudo nano /etc/yum.conf

以下を追加

proxy=http://proxy.example.com:port
proxy_username=USERNAME
proxy_password=PASSWORD

wget

設定ファイルを作る

sudo nano /etc/wgetrc

以下をコメントアウトをはずして修正

https_proxy = http://proxy.example.com:port/
http_proxy = http://proxy.example.com:port/
ftp_proxy = http://proxy.example.com:port/

dockerのホスト側

systemd用のディレクトリを作る。

sudo mkdir -p /etc/systemd/system/docker.service.d

http,httpsプロキシ設定用ファイルを作る。

sudo nano /etc/systemd/system/docker.service.d/http-proxy.conf

以下の内容を書く。

[Service]
Environment="HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:port/"
Environment="HTTPS_PROXY=https://proxy.example.com:port/"
Environment="NO_PROXY=localhost,127.0.0.1,localaddress,.localdomain.com"

変更を反映する。

sudo systemctl daemon-reload

Dockerを再起動する。

sudo systemctl restart docker

dockerのコンテナ側

DockerfileのFROMの後にでもENVの設定を書いておく

ENV http_proxy http://proxy.example.com:port/
ENV https_proxy http://proxy.example.com:port/

curl

設定ファイルを作る。 ~/.curlrcでもよい

sudo nano /etc/curlrc
proxy = "http://proxy.example.com:port"
proxy_user = "user:password" #ユーザが必要なら

git

git config --global http.proxy http://proxy.example.com:port
git config --global https.proxy http://proxy.example.com:port

npm config set proxy http://proxy.example.com:port

参考

投稿者: Shintaro Okumura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です