ベトナム旅行の準備

(計画、航空券・ホテルの手配、ビザ取得など)
旅行の計画や準備について整理してみました。

旅行の計画と使ってるサービス

旅行は計画の段階が一番長いし、楽しめる時間だと思ってます。
行きたいところ探しや計画を立てるのに便利なサービスがあるので使ってます。

旅行計画をサポートするサービス

TripIt

日程管理サイト。スマホアプリもある。飛行機のチケットやホテルの予約のメールから自動で旅程を組み立ててくれますし、費用なども管理できます。
旅行中は、現地の天気、飛行機の時間や予定を知らせてくれたり、次の予定地までの移動方法を調べられたりするので、計画から旅行中までずっと支援してくれます。
ほかにも、旅の予定を管理できるサービスが出てきてますが、TripItが自分にとって一番使い勝手がよいようです。

Google Trip

googoleの旅行管理サービス。TripIt同様、予約メールから旅程を組み立ててくれ、おすすめの観光地や観光スケジュールを提案してくれる。メモなどの機能もあり素晴らしく便利。ただし、現時点でスマホアプリ版しかなく、PCでも管理したいなあという私には残念。旅程作成の柔軟性はTripItのほうが上かな。

どこに行こうかなという段階

Tripadvisor

旅行の総合サイト。観光地、レストランなどの観光地案内、レビューサイト、チケットやホテル予約。
どんな観光地あるかなーと探して、行きたいところを調べたりお気に入りに登録しておいて計画が立てれますが、TripItほど包括的にスケジュールが管理できるわけじゃないので、もっぱら、行きたい観光地を探すのに使ってます。

Skyscanner

格安航空券検索サイト。「日本からベトナムまで」というような検索の仕方以外に、「ここから安く行けるところ」、「ベトナムまでのチケットで安い期間」などという探し方ができるので、次はどこに行こうかなあという旅行の最初の段階で使ってます。

Veltra

海外の現地ツアー検索、予約サイト。日本語ガイドのつくツアーを扱ってるのは、ここ以外にしらないため、ここで探してます。

行きたいところ決まったしチケット買おうという段階

Expedia

格安航空券、ホテル予約サイト。ここよりも安い航空券販売サービスが、中国発であったりしますが、チケット購入の契約条件や購入後のアフターフォローを考えると使う気がしない。expediaは安さとサービスのバランスがよく、安心感があります。
航空会社直営のサイトから予約するか、expediaで予約するかどっちかになってます。

ホテル予約しようという段階

agoda

格安から高級ホテルまでそろってるホテル予約サイト。類似のサービスはいっぱいありますが、使いやすさ、価格、提供しているホテル数などでagodaから予約することが多いです。
「格安だけど、キャンセルできないよ」のプラン、「少し高いけどキャンセルできるよ」のプランなど、同じ部屋の予約でも条件を選べます。

保険の加入

クレジットカード付帯の海外旅行保険でもある程度の保証があり、箇条書きレベルだとさほど変わらないように見えますが、保険の対象となる条件や範囲に大きな違いがあるので、万が一のためにも掛け捨ての保険を入っておきます。
リピート割引で5%ビキニなるうえ、JCBカードのサイト経由で契約すると結構安くなるため、三井住友海上にしてます。
JCB以外のカードでも類似のサービスあるかもしれません。
JCBの海外旅行保険 案内ページ

入国の条件

そもそも、ビザいるんかいらんのか?、ビザいるなら幾らなん?という情報を仕入れます。
国によって違いますが、パスポートの有効期間が半年以上残ってないとダメな感じですね。

フィリピン

在日フィリピン大使館のページ

下記の国籍の方は商用または観光の目的であれば、フィリピンに入国する際のビザは不要となり最大で30日間フィリピンに滞在することができる。

日本人はビザ不要です。

タイ

在日タイ大使館のページ

観光目的で、一回の訪問につき30日以内の滞在でタイに入国する場合、査証取得を必要としない。

観光ビザ免除でタイに入国する外国人はタイ滞在期間中の十分な資金を所有すること。(すなわち、一人当たり現金10,000バーツ、一家族当たり現金20,000バーツ)

10,000バーツって32,000円くらい。聞かれたことやチェックされたことないけどね。

安全情報

たびレジ

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
たびレジは渡航地域のタイムリーな治安情報をメールで伝えてくれるし、万が一の時に私の居場所や連絡先を把握してくれるので旅程を入力しておきます。

外務省海外安全ページ

いろんなサイトで海外の安全情報がありますが、まずは外務省の海外安全ページで確認するのがいいかなと思ってます。
包括的に書いてありますし、最新の情報をもとに警告してくれますしね。
読むと怖くなり行くのを躊躇する文章ですが、政治情勢、どういう犯罪の傾向があるかを読んで確認しておきます。

フィリピン

外務省海外安全ページ フィリピン
ミンダナオ島の一部の地域がレベル3(渡航中止勧告)、ミンダナオ島全域がレベル2(不要不急の渡航はやめてくだい)になってます。私の行くマニラやルソン島はレベル1(十分に注意してください)となってます。
オリンピックのときに治安が悪いとテレビで騒いでたブラジルは一部の地域以外真っ白(危険レベルなし)なので、これは注意しないといけません。

タイ

外務省海外安全ページ タイ
マレーシアとの国境近くでレベル3(渡航中止勧告)、レベル2(不要不急の渡航はやめてくだい)になってますが、レベそれ以外の地域は比較的安全のようで、真っ白(危険レベルなし)です。

投稿者: Shintaro Okumura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です